RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ケガやスポーツ障害の無い野球選手になろう!

少年野球に励んでいる皆さん!思い切りプレイができていますか?野球肘や肩の痛みで休んでいませんか?
このサイトでは皆さんに、痛みの本当の原因をわかりやすく説明するとともに、誰でも簡単にできる治療法、ストレッチなどを公開しています。
野球肘・野球肩等でお悩みの方はカテゴリの【症例:野球肘の痛み】をご覧になってください。
治療を希望の方はご連絡下さい。
047−419−7776
info@heartfill.net

ホームページアドレスが変更になりました。
野球肘・野球肩専門 ハートフィル治療院
http://baseballfever.heartfill.net/
野球肘から春季大会優勝へ!
0
    今年の3月に野球肘で痛みがあり、投手から一塁手になって試合に参加しているんです・・・、と連絡があったD君。

    てんてんと同じ年とは思えない体格のよさに感動してしまったのを覚えています!

    記事はこちら!

    そのD君のお父さんからメールをいただきました。

    『満木先生へ

    報告します!!春季大会優勝しました!!D(君)の見事なダイビングキャッチもあり父も母も大喜びです!!

    チームでは13年ぶりの春季大会優勝で監督、コーチも大喜びです!!母は私の時以来3回目の県大会でコーチから「県大女」と呼ばれています!!

    これもD(君)の肘が治ったお陰と喜んでいます!!母が指撫法を教わりたいと言っています!!チャンスが有ったらお知らせください。母はメールが遅いので。○タルが打ちました!!』


    う・うれしい!

    優勝!!おめでとうございます!!

    一緒に県大会行けたらいいですね!なんて言っていましたが、とんでもないです。うちでは相手にならないでしょう・・。

    ただ痛みが消えただけでなく、
    このように大きな結果が残せたことがすごいですね!

    あの時、野球肘の痛みがすべて取りきれなかったのに、翌日2試合でたと聞いたときは、びっくりしましたよ!

    その後の体のメンテナンスをしっかりやったんですね。

    次は県大会ですか・・。てんてん連れて見に行こうかな・・。

    今後も野球肘のことなど恐れずに頑張ってくださいねー!

    うれしいから、○タルちゃんの写真を小さくアップ!
    | 症例:野球肘の痛み | 11:06 | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
    野球肩&野球ひじ
    0
      私の治療院の特徴は・・・・

       痛い!と思っていた貴方の野球肘・野球肩が痛みを感じることなく、
       すぐに動かせるのです!

       しかも・・・・

       投球フォーム矯正付き!

       だから・・・・

       再発が少ない?・・・はず・・・?

       うさんくさい!と思った方はさようならー!

       

       だから、これからは・・・

       『貴方のその野球肘・・あきらめないで!』シリーズを作っちゃいます!

      医者にこんなこといわれたけど・・あきらめないでください!
      もう2年も痛みが続いているんだけど・・あきらめないでください!

      あきらめたら、そこで終わりです!
      私はあきらめません。

      貴方はあきらめますか?

      私は野球肘を治せなかったことがありません。
      今日はあえてこのことを言います。

      ですが、
      勘違いしてほしくないのが、
      いきなり以前のように、ハイパフォーマンスはできません!

      痛みを取ることができても、肩や肘にスタミナや切れをつけるのは、
      私の仕事ではありません。

      貴方の仕事です。

      そのために何か犠牲にできることがありますか?

      これから紹介する二人は、その犠牲をはらっていますよ・・・・。








      前回も登場いただいたかにさんのご子息、まーぼ君と先輩君。




      この二人のお話を29日にゆっくり聞くことができました。
      かにさんの解説付きで・・・。

      てんてんの父親としても、いいお話が聞けたナーって思うんです。

      私、野球肘の治療をはじめてよかった!と思いました。

      治療を終え、二人には、てんてんと私のグローブで、硬球を使ったキャッチボールをしていただきました。

      以前よりはるかにスムーズに動いていると思います。

      先輩君にもお褒めの言葉をいただきました!

      先輩君はあと数ヶ月で、シニアの日程が終了。
      是非最後の大会でいい成績を残していただきたく思います。

      がんばれー!


       
      | 症例:野球肘の痛み | 22:18 | comments(22) | trackbacks(1) | - | - |
      メールからスタート!
      0
        「12歳で野球肘です。。。去年の9月からです。
        もしかしたらハートフィル治療院にいくかもしれません・・・
        中学生なので1回しか行けません。(忙しいので。。。)
        1回で絶対痛くなくなるんですか???」


        えっ!(*'o'*)



        後に礼儀正しい子・・・と知るわけですが、
        このメールをいただいた時は、
        はっきり言って、(`ε´)ぶー
        「手紙の書き方、勉強して来ーい!まずは名を名乗れー!」
        といっても、中学生には無理なのでしょうか?
        それとも、怪しいサイトには名を名乗れんのか・・・?(-"-;)

        笑顔一杯の写真載せているんだけどなー。

        で、私の返信メール・・

        ○○ ○○様

        こんばんは、ハートフィル治療院の満木月風です。
        メールをくれてありがとう。

        ひとりで悩んでいたのですか?去年の9月からでしたら結構我慢していましたね?

        早速ですが、質問にお答えしますね。
        1回でよくなるためには、条件があります。
        それは私を信じることです。
        不思議に思うかも知れませんが、私の体験上そう感じます。
        「治るかどうかわからないけど、1回ためしに行ってみるか・・・。」
        そう思っている人が残念ながらいらっしゃいます。

        こういう人は治っていても、まだ痛いといいます。
        そして感謝がありません。

        次に来たときは私は診ません。私も人間ですから、本当に悩んでいる人だけ、応援したいからです。

        私の治療院にお見えになる野球少年で、ひとりで来た人がひとりだけいます。

        ご両親は野球に興味がないのか、また息子に興味がないのか、はたまた忙しいのか、わかりませんが、一緒に来られませんでした。

        この方は非常に明るく、一度でよくなったのでニコニコして帰られました。

        質問がありますが、中学生だから忙しい・・というのは具体的にどういうことでしょうか?

        私のところには遠くは栃木県や神奈川県からお見えになる方がいます。
        今日も夜10時から、膝の故障で来られたからもいます。
        野球少年はみんな必死です。
        忙しいから来られないという理由は私にはもっと具体的にお話していただかないとわかりません。

        治療家の立場から言わせていただければ、○○様の肘を治す際にもう一度行えば、完全に治るかも、と思ってもその機会を与えられないとすれば、残念なことです。

        ○○様の野球の能力すらうまく発揮できないまま、中学生生活を送られるのですか?
        1回で治るかどうかは、お約束できないものです。
        (ちなみに1回で治る人ばかりですが・・・)

        また、治るという定義はその人の感じ方ひとつですから、難しいものです。

        我々治療院は、広告を使って、できるだけ治るよ!とアピールするのです。
        でも実際治療をして、よくなったと治療家の立場から思っても、患者さんがまだ20%くらい痛いといったら、治らなかったと認識するでしょう。

        たとえば、シュークリーム屋さんが世界一おいしいシュークリームと宣伝しても、食べる側、全ての人に世界一おいしいとは納得できないものです。
        食べてみなければわからないし、食べても好みが違えば、世界一ではないのです。

        ○○様の肘は実際診てみなければわからないし、1回で治るか、2回で治るかはやってみるしかないのです。
        もし、それでも時間を作って来院されたのであれば、私は全力を尽くすのみです。

        それでご了承いただけたら、一度治療を受けてみてください。

        ハートフィル治療院 満木 月風



        おーっ、大人の対応だー。


        「忙しいということは今△△の準備があるからです。中学は違いませんが。それと家は横浜市■区というところだからです。

        予約制ですか???今週の日曜はあいてますか?」


        興味を持ってくれたのね!(*^_^*)

        「日曜日お昼12時に東武野田線馬込沢駅にお越し下さい。
        090−8349−5227 
        白いワンボックスの車でお迎えします。 満木」 



        当日(長男の試合を見届けた後)地元の駅にてご対面!

        「○○です。今日はよろしくお願いします」

        おおーっ!
        すごくしっかりとあいさつの出来る好青年ではないか!
        もっと、生意気そうなのが来ると思っていたのに・・。


        車中、いろいろ質問しましたが、はきはきと答えてくれました。

        この時点でもう治療は成功したも同然なのです。
        治療というのは、こういうところから始まるのです。

        ハートフィル治療院に到着。
        早速、ゴムボールでキャッチボール。
        サウスポーの巻きつくようなしなりのあるフォーム・・。
        良いじゃないですか!

        でも、思い切り振るとやはり痛い。

        治療開始。

        省略

        治療後。

        全力投球していただいても、大丈夫!
        ○○君も納得の笑顔・・。(今回は本人の許可を得てから・・。)

        遠いところからこられる方には、しっかりと対処法を教えてから、お帰りになっていただきます。

        駅まで送迎。
        「頑張ってね」ヾ(^_^;
        1回で治っていると良いけどなー。
        全力投球してもらって大丈夫だったから心配ないか・・。


        早速、当日夜にメールをいただきました。
        「今日はありがとうございました。
        投げた後にアイシングはしたほうがいいですか?」


        相変わらずシンプルです。
        私の返信メール
        「○○ ○○様
        今日は遠いところありがとうございました。

        アイシングはある程度の速度の出る投手が相当な数の投球をした場合は必要かもしれませんが、普通の守備位置の方なら必要ないと思います。

        ○○様の場合、これからリハビリ期間として、先ずは20球くらいの軽いピッチングから始めていただいて、球数を伸ばしていき、50球くらいできるようになったら、徐々にスピードをアップしていけばいいと思います。

        終わった後は指撫法です。
        筋繊維の疲労にはこれがいいと思います。

        満木 月風」


        2日後
        「分かりました。
        昨日は部活でかなり強めで投げましたが痛くありませんでした。
        今日もあるのでやる前とやった後に足組法、足踏法、指撫法をしっかりやります。」


        おおーっ、良かったなー!

        私の返信メール
        「おはようございます。
        良かったですね!
        自己管理と自分に合ったフォームの研究は怠らないようにお願いします。
        まだ身体は大きくなっていきます。
        今、やっていることが必ずいい結果になると思います。
        頑張ってください。

        満木 月風」


        良かったなー、痛くなかったんだなー。
        イヤー、良かった良かった!



        「今オスグットで悩んでいる友達がいます。今度是非行きたいといっていました。
        ということで僕もまた行かしてもらいます。いいですか???」



        おおーっ!憎いね!友人を誘ってくれるのか!
        つねっちゃう!(^_^)-c〈T_T)キュゥ

        メールで始まる、野球少年との語らい。
        感謝!





        | 症例:野球肘の痛み | 12:37 | comments(14) | trackbacks(1) | - | - |
        熱意に負けました!
        0
          近くにお住まいの方から、とにかく今日伺いたいと連絡を受けました。
          (土曜日のお話です)

          小学5年生の内野手の子です。
          6年生チームと5年生チームに所属していて、
          複数のポジションをするのでしょう。
          肘がかなり痛そうな感じでした。

          はじめに軽いキャッチボールを行ってもやはり痛い・・・。

          疲れているでしょうし、眠いのでしょう。
          早く治療しましょう!

          で治療後・・。


          私は治療後、必ずこうやって全力投球していただきます。

          で痛いところがあったら、その場で即治療!

          お父さん、お母さんニッコリ!
          僕もニッコリ!

          | 症例:野球肘の痛み | 00:24 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
          metoo様、満員御礼でございます!
          0
            metoo様、土曜日・日曜日と野球少年が大量に押し寄せてきました。

            「明日、投げれるようにしてください!」
            「親からは、そんなところで治るわけ無いだろ・・といわれましたが、どうしても、レギュラーを取り返したいんです。痛いというと試合に出れないんです。」
            「思い切り投げると痛いです」
            「明日、公式戦なんです」

            これほどまでに重圧を感じることは、あまり無かったことです。
            みなさん、本当に切実な思いです。
            その思いをどこに行っても、解決できずにいたのです。

            まずは例のごとく、ゴムボールでキャッチボール。
            痛い・・・。
            やっぱり痛い・・・。

            だが、治療を終えると・・・・

            中学2年生・キャッチャー君(まーぼ君)
            中学3年生・ライト君
            中学1年生・ピッチャー君
            小学5年生・ピッチャー君
            小学6年生・サード君
            小学4年生・キャッチャー君

            皆さん、笑顔を取り戻しました。
            答えはこの笑顔にあるのです。

            まーぼ君はこの1年間、肘の痛みが完全に抜けることは無かったそうです。
            かにさんからのメールです。

            『満木さん

            昨日は本当にありがとうございました。
            あの後も何度も本人に聞いたんですが、やっぱり全然痛くないって言っ
            ています。
            本人もすっかり興奮して、「すっげえよ。すっげえよ。」と連発してま
            した。
            正捕手の先輩も是非来るべきだって力説してました。
            先輩は肩を痛めているようです。今日は公式戦でばたついてたから話せ
            なかったそうですが、そこの親子ともども私のブログの読者なので何か
            連絡あるかもしれません。
            もうだいぶ治っているらしいですから、どうなるかはわかりませんが、
            もしお世話になるときはまたメールさせて頂きます。

            本当にありがとうございました。』


            みなさん、正しいフォームを身につけ、
            公式戦頑張ってください!
            応援しています!

            | 症例:野球肘の痛み | 13:54 | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
            metoo様からの電話
            0
              『満木先生、今日野球肘の少年二人をお連れしてよろしいですか?』

              土曜日の午後にmetoo様から連絡をいただきました。

              桜がきれいに咲き誇り、わが町もすっかり春模様・・。

              このすがすがしい気持ち・・。

              ですがこの満開の桜をすがすがしく感じられない肘を痛めた子供達・・・。

              絶対治す!私は治療する前に必ずイメージします!
              絶対治る!笑って、感謝の気持ちでお別れする。

              そう決めて、長男と治療院へ向かいました。
              長男とは土曜日と日曜日にしか話す機会がなくなってしまいましたが、
              私といるより、同じ年頃の子供たちとの新しい出会いをさせる方が、
              刺激的なのではないかといつもつれてきております。

              『こんにちはー』

              今日はmetoo様のお知り合いの方で二人の野球少年と
              指導者の方一名、お父さん一名とご来院。

              1週間ぶりに会うkoh君にも声をかけました。

              「ひじはその後、どうですか?」
              『大丈夫です!』ニコニコ顔が素敵です!

              早速、Y君という子とゴムボールでキャッチボール。
              4球ほどいろいろ指示して、投げてもらいましたが、
              どの投げ方でも、はっきり『痛いです』と答えていました。

              足踏み法をしてもらって、右肩を治療。

              「よし!もう1回投げてみようか!」

              ヒュッ!

              『痛くない!』



              ニコニコ顔です!

              指導者の方とY君のお父さんの目がまん丸でした!

              「ね!不思議でしょ!」わずか1分です。

              metoo様は「前回経験済みですから!」とニコニコ顔。

              もうひとりのT君。

              まだ不安げな顔です。



              しかし、Y君と同じように治療をしてみると・・・、

              『痛くない・・』



              ぎこちない笑顔です!(笑)でも真実です!

              他の方の治療をするために応急処置として、サクッ!と治療をしましたが、
              一度こうやって動きをつけてあげると、
              カラダはどんどん緩んでいきます。

              40分くらい経ったでしょうか?この間、
              koh君、長男(てんてん)、Y君、T君は汗かくほど遊んでいたようです。

              二人は痛くなかったのでしょうか?

              そして今回もスペシャルなおまけもつけて、治療してしまいました。

              もうmetoo様も私と同じように野球肘の少年を治せるようになりました!

              すごいお土産です!

              私は用なしです!!(爆)
              | 症例:野球肘の痛み | 13:45 | comments(9) | trackbacks(1) | - | - |
              遠い方でも大丈夫!
              0
                あっちへフラフラ、こっちへフラフラ・・。
                バッティングフォームは褒められるものの、
                一向に打率が上がってこない長男(てんてん)のために、
                皆さんのブログを見ては

                どんな会話をしているのか、
                どんな指導をしているのか、
                どんな毎日を過ごしているのか、

                等々興味深く参考にさせていただいております。

                そんな中で、

                肩や肘が痛い・・・

                という文字を見ると、いても立ってもいられない私はついついその方の
                ブログに押しかけては、コメントを残し、
                ブログをお持ちでない方には直メールをしてしまいます。

                というのは、私が現在公開している方法は
                私が直接指導しなくても、誰もが簡単に学べ実践できるものだから、
                ぜひ無料で公開している今、知って欲しいからです。


                以下の文は『四十肩コーチ』様といういかにも肩を故障されていると予想されるネーミングの方に、メールを送ったものです。前々から気になっていたのですが、この時は本当に肩が痛いとブログにかかれていましたから、気になって連絡したもの(2月23日付け)です。


                四十肩コーチ様

                はじめまして、満木(まき)といいます。

                Skyboys広報さまのブログのコメント欄より四十肩コーチ様を知り、メールさせていただきました。

                HN(ハンドルネーム)の通り、四十肩と推察しますが、肩の動きは主に肩甲骨の動きと関係が深く、その肩甲骨は反対側の股関節と関係するというお話をちょっとしますね。

                試しにですが・・・

                1・椅子に坐骨をしっかり当てて深く腰掛けてみてください。

                2・右腕でボールを投げてみましょう。(この際上半身を捻らないでやってみてください。)

                3・次に体を捻って、投げてみてください。(この時、体重が左の坐骨に乗るのが分かりますか?)

                すなわち、右手は左足と相関しているので、股関節の動きが悪ければ、反対の肩関節の動きが悪くなるのだと思っていただいて結構です。

                男性の場合、胡坐やスポーツのやりすぎで全然メンテナンスをしなかった方。

                女性の場合、横座りや横寝が多い人ほど肩に影響がでます。

                股関節を直すとびっくりするほど肩が動き出します。

                ただ・・・・・。

                長い間、動かせる範囲(可動域)が狭くなった人は、一回では完治しませんが・・・。

                ですから、こまめに自己療法して欲しいと思います。

                四十肩コーチはブログを書かれていないのでしょうか?

                もしありましたら、おしえてください。

                満木 月風




                2月27日に四十肩コーチさまよりメールを頂きました!

                満木様

                 はじめまして、四十肩コーチこと○○と申します。
                 しばらくメールチェックを怠っており、お返事が遅くなり申し訳ありません。
                まさか直接メールを頂けるとは思っても見ませんでした。ありがとうございます。

                 私も早速、満木様のブログへお邪魔し、肘の治し方を勉強しています。当然素人ですので、見よう見まね。本当にこれであっているのか不安ですが、長男の体で試しています。長男は特に肘が痛いとは言いませんが、右投げ右打ちですので、回転が偏ります。体に歪みが出てもおかしくないと思われますので、骨盤の調整、股関節の稼働の確認が必要かと思っています。

                 私は長男が少年野球を始めたのをきっかけに、練習のお手伝いに行ってい
                ましたら、いつの間にかコーチの肩書きを頂いてしまい現在にいたっています。
                自身は高校まで野球をしていましたが、人に教えるなどと言うことは考えてもみませんでしたので、主に本を読んで少年野球を勉強していました。昨年夏頃から、ブログなるものを発見し少年野球で検索すると、いわゆる少年野球ブロガーの方たちのブログがヒットしてきました。それからはブログで情報を集め練習などの参考にさせて頂いております。

                 ちなみに長男は現在5年生、守備は主にキャッチャーをしています。満木様の息子さんもキャッチャーですよね(本当は外野手希望ですか)。長男は昨年の春季大会のあと、監督に「守備はどこやりたいんや」と聞かれ、何を思ったのか「キャッチャー!」と志願しました。私は内心「こいつ何言っとんねん」と思いましたが、監督は我慢して指導してくれています。

                 皆様のように文才もありませんので、ブログに興味はありますが書くまでにはいたっておりません。

                 このような者ですが、これをきっかけに同じ少年野球に携わるひとりとしてお付き合い頂ければ幸いです。

                 初めての方に長々と失礼いたしました。


                3月28日、四十肩コーチ様から一ヶ月ぶりのメールを頂きました。


                満木様

                 ご無沙汰しております。以前メールを頂きました四十肩コーチこと○○と申します。
                一度お返事してからその後の経過報告もせず、誠に申し訳ありませんでした。
                 満木様のブログを参考に自身の膝の位置を確認すると、やはり左膝が短くなっていました。そこで、ひと月前より足組法・足踏み法をさせて頂いております。長い間、肩に痛みを感じながらも何もせずにおりましたし、正確に方法を実行できていないかも知れませんが、最近では肩が軽くなったように感じます。また、キャッチボールでも以前より遠い距離まで投げられるようになりました。ありがとうございます。

                 そして先日、練習試合のため他校へ出かけ、グラントでアップの後、キャッチボールをしていた時、ファーストで先発予定の子が急に「肩が痛い」と言い出しました。この子は以前にも肘痛で3週間ほどノースローの時期がありましたので、早速呼び寄せ近くにあった台に腰掛けさせ膝の位置を確認しました。ユニホームの上からでしたが、若干左膝が短く見えたので足組法を実施しました。続いて足踏み法も行い軽くキャッチボールをしてみました。すると「痛くない」と不思議そうにしていました。

                 これには私もビックリしました。本当に数分で肩の痛みが消えたようです。一試合目には先発出場しヒットも打ちました。二試合目も負けている場面に代打で出場し、きっちりヒットを打ち逆転のお膳立てをしてくれました。これも満木様のおかげです。ありがとうございました。

                 素人の私でも効果があったので本当に驚いています。慢性化する前にきっちり歪みを調整すれば、肘痛、肩痛の予防になるのだと改めて思いました。

                 これからも満木様のブログを参考に子供たちの体のケアをしていきたいと思います。
                 本当にありがとうございました。



                いかがでしょうか?

                私は直接指導はしておりませんし、
                お目にかかったこともないのですが、
                このように実践された方は実際治療が出来てしまうのです。

                今は無料ですが、4月10日以降一旦閉じますので、
                今のうちに勉強されてくださいね。



                | 症例:野球肘の痛み | 10:03 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
                metoo様からのメール!
                0
                  月曜日のお昼にmetto様からメールが・・・。
                  あれ?なんだろう・・。練習試合はもう終わったし、koh君の所属チームが決まったのかな?と思って、メールを読んでみると・・。

                  「ひじ痛患者のお願いです。息子kohが先日の硬式クラブの体験入部で、
                  ひじの外側全体が痛いと訴えました。」


                  あれれ?公式戦はないし、自主練で張り切りすぎたのかな?と思いましたが、慢性化する前に治療をお勧めするのが私の主義!
                  早速この日の夜(27日夜)治療をする約束をしました。

                  そして鎌ヶ谷までmetoo様ご一行がおいでになりました。

                  「はじめまして!」

                  ケガがご縁となりましたが、こうしてmetoo様と初のご対面。
                  そしてmetoo様よりイケメンのkoh君ともご挨拶。

                  さっそく、ゴムボールでキャッチボール。
                  本当に軽く腕を振るだけで痛いという。

                  あれれ。結構重症かな?



                  この写真では右肩が下がっており、右足も前に出て立っています。
                  明らかな骨盤の歪みを感じます。

                  まずは足組法、足踏み法をしっかり行い、
                  続いて骨盤の調整、股関節の調整をしました。

                  右肩の落ち方と右足の短縮が気になったので、
                  これらの部分を丁寧に施術・・。

                  この間、長男(てんてん)にmetoo様がこの間の練習試合のDVDを見ながらお話していただいておりました。

                  koh君の方はまだ右ひじを触らない状態で立ち上がってもらって、
                  私と一度キャッチボールをしました。

                  さっきは本当に軽く振った状態で痛いといっていましたから、
                  「軽くで良いよ」と伝え、まずは一球投げてもらいました。

                  フュッ!

                  『・・・・』(ニコニコな表情で不思議そうに笑っていました)

                  metoo様も笑いながら『本当に痛くないの?』と不思議そう・・。

                  で、ちょっと私としては不服な部分が残っていたので、
                  もう一度、念入りにチェックし、
                  今度は右ひじの部分を初めて触り、施術を続けました。

                  もう一度、立ってもらって、今度は軟式ボールのB級サイズを思い切り投げてもらいました。

                  『痛くない』(ニコニコです)



                  そして長男(てんてん)と軽くキャッチボール。
                  おおーっ!
                  前回のねまあ君と同じ光景だ!

                  koh君にはスペシャルサービスで
                  体全体の調整をやってしまいました。

                  背中のハリとお尻の筋肉痛があるといっていましたので・・。

                  でmetoo様から長男(てんてん)に投手とのタイミングの取り方をしっかりと教えていただきました。とてもわかりやすく、ご指導いただきました。



                  タイミングの取り方、koh君の実際の模範演技。
                  おーい!てんてん、わかったかい?

                  metoo様、本当にありがとうございます。
                  感激です!
                  また、metoo様にこうやってわかりやすく、理論的なご指導を受けられるチームの皆さんがうらやましいです!

                  koh君の体は私にお任せください!

                  これからもよろしくお願いします!!!
                  | 症例:野球肘の痛み | 15:24 | comments(7) | trackbacks(1) | - | - |
                  肘の痛みを勉強しましょう!その10
                  0
                    先々週の土曜日に栃木のねまあ君を治療した日、
                    隣の部屋で先に治療をしたH市のD君。
                    彼は身体も大きく長男(てんてん)とは一回り違いました。
                    D君はその体格を活かしたすばらしい投球をするのでしょう!
                    やはり肘を痛めて、来院されたのです。

                    小学生の急性な関節の痛みははっきりいって簡単です!

                    いわゆる秒殺
                    いや、ちょっと大げさすぎましたか、分殺です!

                    それぐらい簡単によくなります!
                    (治りますというと医師法に引っかかりますので・・。)

                    ですが、この日のD君の治療は簡単にすまなかったのです。
                    というのも、ねまあ君のときと違い、
                    肘が痛いながらも試合に出続けたようでした。

                    やはり間違った記憶を持ったままの身体を使い続けると、
                    痛みが慢性化します。
                    その分だけ、治癒が遅れます。

                    ですからそのときの治療は40分以上かけてしまいました。

                    完全には痛みが取れないものの、
                    D君いわく、「70%くらい楽になった」というので、
                    その日はよく温め、寝てくださいと伝えました。

                    その後、コメント欄にも書かれていましたが、
                    翌日、ピッチャーとして試合に参加し、
                    痛みは無かったとのことでした。

                    これには私も正直びっくり。

                    子供の回復力は本当にすばらしい!

                    またD君はちゃんと私が指示した動作法、ストレッチ法をやってくれていたようです。

                    やはり素直な子は治りも早い!

                    そのD君に2週間後にまたチェックさせてね!と伝え、
                    本日再来院していただきました。

                    今日はお父さんと一緒です。

                    D君に尋ねると、
                    肘の痛みはまったく無く、思い切り投げれるそうです。
                    やることは無いのですが、
                    一応、体の歪みのチェックと簡単な治療をしておきました。

                    わずかですが、上肢の長さの違いと骨盤の歪みを調整し、終了。

                    ちょっと笑顔を載せておきますね!



                    近隣で野球肘に悩む方がいらっしゃいましたら、
                    是非おいでになってください。

                    私はこのD君のような笑顔の写真集を作りたい!!!

                    もう少しで公式戦。
                    心置きなく戦えますね!
                    | 症例:野球肘の痛み | 23:33 | comments(15) | trackbacks(0) | - | - |
                    お礼のメール紹介!
                    0
                      3月11日、治療を行う際、
                      ブログで知り合うことが出来た
                      カメラ小僧さまに見学に来ませんか?
                      とお誘いし、後日メールをいただきました。
                      ご本人より許可をいただき、掲載させていただいております。

                      以下

                      昨日は肘の治療の見学をさせていただきまして、
                      本当にありがとうございました。
                      昨日、今日と、早速息子に色々試してみました。

                      土曜日の練習で肘が痛いといっていましたが、
                      今日の日曜日の練習では、ぜんぜん痛くない様子でした。
                      効果があったのかもしれません。

                      息子は左投げですが、左股関節が硬くて、少し痛みもあるようでした。
                      昨日のH市の子は逆に右足の股関節でしたよね。
                      しっかり前足に体重が乗るフォームの子は前足の股関節に
                      負担がかかるのでしょうかね。

                      うちの子は、後ろに体重が残る癖があるので
                      後ろ足の股関節に負担がかかっているのかもしれません。
                      あるいは、後ろ足の股関節が硬いから、
                      前足にうまく体重が移動できないのかもしれません。

                      いずれにしても、子供の身体を触っていると、
                      色々発見があって驚きでした。
                      満木さんのおっしゃっていた一言一言が本当に良くわかりました。

                      それから、昨日実際の施術を見せていただいた後に、
                      HPを見せていただくと、ぜんぜん理解が違いました。
                      やっぱり、この目で見せていただくと本当にわかり易いです。
                      本当に見学させていただいてよかったと思っています。
                      ありがとうございました。

                      練習の後に、教えていただいたことを一つ一つ息子にやってあげると、
                      本当に気持ちよさそうで、ほとんど寝てしまいます。
                      (まあ疲れているからかもしれませんが。)
                      これから、練習の後の父子の日課にしようと思っています。

                      そういえば、イチローも小学生から中学まで毎晩お父さんに
                      足をさすってもらっていたそうですね。
                      もしかしたら、さすることでイチローの足が生まれたのかも知れませんね。

                      そうそう、ソンキョの姿勢のストレッチも早速チームの練習に
                      取り入れました。
                      ストレッチのメニューもチームで真剣に見直していこうと思っています。

                      また、色々教えてください。
                      それから、ぜひ県大会でお会いしましょう。
                      今年はBチームは県大会に行けそうです。
                      Aチームは、ちょっとわかりませんが。。^^;



                      もう一通です。


                      おはようございます。栃木のゆうちろです。
                      昨晩は息子(ねまあ)のひじ痛を治して頂きありがとうございました。
                      満木さんの治療方法はたいへん驚きました。

                      今朝、ねまあに聞いてみたところ「まだ痛いような、
                      もう痛くないような‥」とのこと。

                      ねまあ自身も驚きでよくわからないようです(笑)

                      昨夜のうちに監督さんに経過を伝えましたが、監督さんもその効果に
                      驚いているようでした。

                      ただ、痛みが緩和されたことは喜んでいたようで、
                      しばらくはねまあの様子を見ながらの試合起用にするらしいのですが
                      私は焦らず慌てず、適材適所でじっくりやってもらいたいと思います。

                      ブログ内には書いてあるのですが、我がチームは
                      「左の三枚刃」といわれる、ねまあを含めた3人の
                      サウスポーピッチャーがおりまして3人でエース争いをしてきました。

                      ねまあは今回の怪我でエース争いから脱落し、
                      エースナンバーを得られませんでした。

                      しかし、センターの守備は監督さんもたいへん評価しており、
                      打撃でも1番バッターを任され、チームになくてはならない
                      存在ではあるのです。

                      また、ピッチャーとしても今後も3人の併用でいくことは確実ですし、
                      チーム内のムードも今上昇中であり、今後の試合が楽しみなのです。

                      また私はねまあとてんてんくんとがキャッチボールできたことが
                      たいへんうれしかったのです。

                      遠く離れた千葉と栃木。その交流などそうあることではないですからね。
                      これからもお互い切磋琢磨していきましょう!

                      そしていつの日か2人が同じグラウンドに立ち、
                      対戦できたならと思っております。

                      いろいろありがとうございました。これからもよろしくお願いします。



                        ブログ「すべては壮大な夢のために」   『ゆうちろ』
                       


                      もう一人、H市からいらしてくださった方からは、
                      コメントをいただきました。

                      本当にありがとうございました!
                      | 症例:野球肘の痛み | 00:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |