RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ケガやスポーツ障害の無い野球選手になろう!

少年野球に励んでいる皆さん!思い切りプレイができていますか?野球肘や肩の痛みで休んでいませんか?
このサイトでは皆さんに、痛みの本当の原因をわかりやすく説明するとともに、誰でも簡単にできる治療法、ストレッチなどを公開しています。
野球肘・野球肩等でお悩みの方はカテゴリの【症例:野球肘の痛み】をご覧になってください。
治療を希望の方はご連絡下さい。
047−419−7776
info@heartfill.net

ホームページアドレスが変更になりました。
野球肘・野球肩専門 ハートフィル治療院
http://baseballfever.heartfill.net/
<< 日曜日の悪夢 | main | 初めての甲子園観戦 >>
日曜日の悪夢 2
0
    救急車がやってきた・・。
    身体はまだ動く・・。無理やり身体を起して、玄関を出る。

    マンションの3階なので、階段を降りようとしたら、
    救急隊の隊長さんから「心臓の負担を考えて私がおんぶします」と言われ、
    恐縮しながらも、おんぶされました。

    救急車の中で質問を受けながら、
    【胃が痛いこと】
    【手に痺れがあること】を伝えました。

    私の身体に酸素マスクをつけたり、血圧を測ったり、
    酸素濃度を調べたり、いろいろしているうちに、
    心臓疾患の疑いがあるから、それを検査できる病院に行きましょうということで、それでもなかなか発車しません。

    『心臓疾患はないだろー』と思いながら、
    胃を軽く押さえ、早く病院へ連れて行けーー!!!と思っておりました。

    そうこう言っているうちに出発。
    20分くらいでしょうか?
    やっと病院に到着。

    ここがまた寒い。何でこんなに病院って寒いんでしょうか?
    クーラーが効きすぎです。

    診察に来た医師から何度も腹部を押さえられ、
    『痛い!』といっているにも関わらず、同じ質問を繰り返す。
    しかも合計4人くらいの医師から、おんなじことの繰り返し。

    腹がドンドン痛くなってくる。
    超音波検査をする際に使うジェルも冷たく、腹につけるたびに震え上がるように寒さを感じる。
    レントゲン検査もする。立つのがしんどい・・。

    こんなに患者を苦しませるのが、治療の一環なんだろうか?
    不思議で仕方がない。

    であんなに検査、診察したにも関わらず、
    まだ、治療が始まらず、
    更にMRI検査もやらしてくださいという。

    激怒ーーー!!!

    すったもんだの挙句、その検査も受けることにしましたが、
    この検査する部屋の温度がまた一段と寒い・・。

    毛布も掛けてくれない。
    ベッドからベッドに移動させる際も粗雑。

    ここで治療を受けるしかないのか?疑問符が付いてしまう・・。

    結局MRIの検査の結果から、どうも虫垂(もうちょう)が悪いらしく、
    明日手術でとりましょう・・と。

    『???胃が痛いのにな????何で、盲腸?』

    外科医の説明はさっぱり分からない。
    原因も説明しない、手術の説明もしない、今後の見通しも説明しない。
    ないないづくしの病院でした。

    ようやく痛み止めの注射で何とか就寝することに・・・。
    最初から何でコレをしてくれないのか?
    何でここまで時間を掛ける必要があるのか?

    怒ってもしょうがない病院のような気がしたのと、
    怒ると胃が痛くなりそうで、おとなしくしておりました。

    で、翌日痛み止めが切れるとさすがに痛い。
    手術も翌朝11時前にスタート。

    もうなすがまま・・。
    痛みさえ取ってくれればいい。

    しかし、現代の麻酔っていうのはすごい。
    マスクを当てられ、ほんの数分で意識がなく、
    気づいたときは病室のベッドでした。

    痛みなど何も感じない・・。
    たいしたもんだな・・。
    ただ、この薬の代償も大きいだろうなと考えます。

    「その日に退院できるよ」とは言うものの、
    それは無理でした。腹筋を使って起きる事ができません。
    寝返りも出来ません。歩行しようにもまっすぐに立てずによろよろ。

    水曜日は甲子園に行かねばならない!
    もう一日休んで、絶対に復活してやる!!!!



    (娘が日曜の深夜、総合病院で私がストレッチャーで運ばれる様子を絵にしてくれました。)




    | 日記 | 12:33 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    大変な週末でしたね!まさに悪夢の・・・

    病院での患者と医者の関係って微妙っ〜!ですよね。

    最後の娘さんの絵が救いです^^
    | とうさん | 2006/08/11 5:46 PM |

    とうさん様、ありがとうございました。
    >病院での患者と医者の関係って微妙っ〜!ですよね。

    まさに微妙です。
    切羽詰って痛いのでなんとか痛みを軽減して欲しいのですが、検査をいっぱいして、少しでも保険点数稼いでるんじゃないの?と疑ってしまいます。

    結局痛み止めの注射を1本打っただけなんですから・・。がっくり。
    | 満木 月風 | 2006/08/11 5:56 PM |

    大変な目に遭われましたね・・
    私も数年前、腹部に激痛が走って病院に担ぎこまれました。
    原因は胆石でしたが、幸い小さい石だったので薬でなんとかなりました。

    それにしても病院の対応、読んでいるこちらがのほうが腹が立ってきましたよ。

    それにしてもこの後に甲子園ですか。。。。
    スゴイ体力ですね^^
    なにはともあれ、無事に復帰できて良かったです!
    | ドラ夫 | 2006/08/12 9:48 PM |

    ドラ夫様、ありがとうございます。
    ひどい病院でしょ?とほほです・・。

    胆石も痛そうですね!
    今回の経験で普段の節制をせねば!と心に誓いました!

    健康第一です!
    | 満木 月風 | 2006/08/12 10:22 PM |










    http://moon.heartfill.net/trackback/192991